時間がないを言い訳にするな!出会いの場はある!

街コンと婚活パーティーの違いについて

街コンは、正式名称を「街ぐるみの合同コンパニ―」と言います。
決められた飲食店などに出向き、異性グループとの交流をはかることができます。
もともとは地域を盛り上げるための町おこしイベントであり、大人数での開催が基本です。
規模はときに数千人にも及ぶため、出会いのチャンスは大いにあると言えます。
食事をしながらたくさんの異性と交流したりおしゃべりを楽しんだりすることができますし、婚活パーティーよりも気軽に参加することができるというメリットもあります。

ただ、人数の多さがデメリットとなってしまう場合もあります。
まず会話を楽しむ時間がお見合いパーティーや婚活パーティーより短いため、第一印象が非常に重要となってくる場合が多いでしょう。

また、一人ひとりの内面や性格までを深く知ることはなかなか難しいかもしれません。
参加者の大多数は若者で、年齢層としては20代が中心です。参加費用は女性よりも男性の方が高くなるという傾向があります。
まとめると地域に根差したイベントであること、人数の多さが街コンの特徴と言えます。

婚活パーティーは文字通り「結婚活動パーティー」であり、より結婚願望が強い方におすすめです。
単にお見合いパーティーと呼ばれる場合もあります。
こちらも居酒屋などの飲食店で開催されることが多いですが、人数規模が街コンに比べて少ないので、参加者一人ひとりがじっくり会話を楽しむことができます。
初対面でも、年収や趣味、恋愛観などを聞き出すことが可能です。

若者が多い街コンと異なり、婚活パーティーの年齢層は20代~40代と幅広く、より自分に合った相手を見つけることができるでしょう。
参加費用は街コンと同じく男性のほうが女性よりも料金が高く設定されていることがほとんどです。
まとめると少人数であること、相手の情報を詳しく知れることが婚活パーティー(お見合いパーティー)の特徴と言えます。

以上が街コンと婚活パーティーの違いとなります。
では、実際どちらに参加した方がよいのでしょうか。
もちろん双方メリット・デメリットがあるので一概には言えませんが、年齢と婚活の本気度は考慮に入れるべきでしょう。

前述の通り街コンのほうが参加者の年齢が若いため、20代で婚活初心者という方なら街コンがおすすめです。
逆に婚活パーティーは参加人数が少ないという特徴があるため、強い結婚願望があり相手をじっくり選びたいという方に向いています。
自分に合ったスタイルを検討して、素敵な出会いを見つけてみてください。